BUY TICKET

Get Ticket

  • Step 1
  • Step 2
  • Verify
  • Payment

ALIVE presents WEAVES feat. ARTBAT

08.30 (Fri) @ SOUND MUSEUM VISION place GA ~ Sale Ends: Fri 08/30 19:59
EVENT DETAILSopen_in_newkeyboard_arrow_down
[Required]
[Required]
This is the name of the person attending the event. Please enter with the attendee’s legal name as they may be required to verify their identity at the event.
1 Person+-
  
This item has an additional ¥248 service fee per person calculated at checkout.
BUY NOW

ALIVE presents WEAVES feat. ARTBAT

The Brightest Hope of Melodic Techno, ARTBAT is Coming from EU!!!

  • date_range 08.30 (Fri) 22:00
  • grade Techno
  • labelARTBATDRUNKEN KONGU:ICHI JUNVJ MANAMIYuri Urano (a.k.a Yullippe)DaijiroCHiE NakajimaHIROKI HOSOI

■LINE UP
[GAIA]
SPECIAL GUEST DJ : ARTBAT
GUEST DJ : DRUNKEN KONG
LIVE : Julio Victoria (Colombia)
DJ : U:ICHI / JUN (WEAVES)
VJ : MANAMI

[Deep]
SPECIAL LIVE : Yuri Urano
DAIJIRO (DIGITALBLOCK)
CHiE Nakajima (INTENTION)
HIROKI HOSOI (ELEC-TION)
GT
MISA

[WHITE]
T.B.A

[D-Lounge]
T.B.A


SOLOMUNやTale of Usなどを筆頭にテクノの中の一つのジャンルとして確実なファン層を持つのが、通称、メロディック・テクノだろう。前回、スペインからDOSEMを招聘し素晴らしい一夜を魅せたWEAVESがこの度、メロディック・テクノで紹介するのは、中でもウクライナの超新星と称され、ワールドワイドにスターダムへと一直線に駆け上がるライジングスター、の“ARTBAT”だ。メロディック界の名門レーベルである“Diynamic”や“Afterlife”、“Suara”から数々のヒットを飛ばし、Beatport、メロディック・テクノにおいてのBest-selling artistにも抜擢され、NO1ヒットメーカーであり、超売れっ子、SOLOMUNやTale of Usからの信頼は勿論ながら絶対的だ。
またDJとしてはイビザでのレジデンシーから、EDCを始めとする世界中のクラブ・フェスで超多忙、更に各地のフロアをロックさせるその実力と人気はまさに本物。
深淵なメロディーからムーディーでダークなグルーヴは体に溶け込みフロアを熱狂へと変貌させる。
“ARTBAT”の生み出す壮大な音楽観はVISIONにおいても必ず熱狂と感動与えてくれる事だろう。 
WEAVESのレジデント、U:ICHIを筆頭にイビサやヨーロッパ各地、また南米ツアーも控え、変わらず絶好調の DRUNKEN KONG、更に国内で注目のLIVEアクトであるYURI URANOが登場するなど、各フロアのプログラムもまた魅力的な内容となっている。夏休み最後の週末は少し大人目のメロディック・テクノで体と心を癒してみる事を是非、お勧めする。


https://www.youtube.com/watch?v=hENgrbIMiy4

《MUST BE 20 OR OVER WITH PHOTO ID TO ENTER》
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

  • ARTBAT
  • DRUNKEN KONG
  • U:ICHI
  • JUN
  • VJ MANAMI
  • Yuri Urano (a.k.a Yullippe)
  • Daijiro
  • CHiE Nakajima
  • HIROKI HOSOI
share Pop-out